FC2ブログ

いけない顔面と90センチのお尻【妄想日記0631】

2019年11月30日
飼い犬になる 0
01wmv_000396877.jpg




顔面騎乗の好きなお姉さんにとってM男さんの顔面には 
いい顔面と悪い顔面がある。 

しかし、ローズリップに出てくる 
M男さんの顔面は 
お姉さんのどんな要望にも応えてしまう 

いけない顔面である。 

いけない顔面は時として、 
いけない90センチのお尻と出会ってしまうのだ。 

尻からふとももにかけて、 
やや弛みを帯びた肉質がもっちりと蓄えられている。 

顔面騎乗的に言えば、 
トリプルAクラスだ。 


「桃尻」とはこういうお尻を言う。 

一方。 

自分の思い通りの顔面騎乗を楽しみたい、 
M男性にとって 

「いけない顔面」を持つM男性との出会いはうれしい。 

セクシーなランジェリーをまとい、 
顔面騎乗に望むのだ。 

されるがままの顔面は押し付けてよし 
前後にこすり付けてよし 

100%受身でお姉さんに奉仕する。 

苦しめられるのも快楽のひとつ。 
そして、興奮が高まっていくのだ。




お姉さんは、そんな顔面に全体重を乗せる。 

弛みを含んだ肉厚なお尻がクッションとなり、 
得も言われぬ独特の感触に、 
お姉さんの重みが加わる。 

呼吸をする隙間など全く無い状態で、 
オマンコの下敷きとなり、 
暗黒のひと時を楽しむ。 

感覚を研ぎ澄まし、 
じっとしていると、お姉さんのいやらしい臭いや 
粘り、そして興奮と快感に少しづつ腰を動かす 
彼女の気持ちが伝わってくる。 

これが顔面騎乗である。







22人のやりとりが、顔面騎乗という行為を通じて 

お互いがお互いを理解しあい、 

お尻と顔面。 

この場合は桃尻といけない顔面。 

このゴールデンな組み合わせが、 
最高の顔面騎乗を楽しませてくれる。 

このやり取りが充実していればしているほど、 

降り注がれる、聖水の開放感がたまらないのだ。 

そして、たっぷり浴びたら、 
また擦り付けて貰おう。  



☆この模様を動画でご覧になりたい方はこちら
 ※生のオマンコ+聖水が観られる無修正です。

=下のバナー画像をクリックすると当ブログの母体である「ROSELiP」のtopにジャンプします=




スポンサーサイト
[PR]

だいそん
Admin: だいそん

ダイソンです。
足の匂いやショーツの匂い、腋の下の匂いなどを、うまく嗅ぐ事ができだ際に、女王様に名づけられました。
掃除機のメーカーと同じ名前ですね。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply